低血圧女子が朝から元気に出かけられるようになるまで

低血圧の症状や低血圧の改善方法について。

原因のわからない体の不調はもしかして低血圧かも。低血圧の8つの症状とは?

 

 

 

 
「朝起きるのが辛い」
「他の人より体力がなくて疲れやすい」
「めまいや頭痛がする」
 
 
 
「あっ私のことだ!」
 と思ったあなた。
 
 
もしかしたらそれは、
 
「低血圧」
 

が原因かもしれません。

 
 

f:id:hitomitea:20170710014802j:plain

 
 
 
 
こんにちは。低血圧女子のhitomiです。
 
 
私も朝が辛く、体力がないことが悩みでした。
そこで健康診断を受けたところ、どうやら低血圧のせいであることがわかったのです。
 
 
 

若い女性に多い低血圧ですが、体の不調の原因が低血圧と気づかない人も多いそう。

低血圧で悩んでいる場合はもちろん、

 

「もしかして私も低血圧?」

 
と思ったら、低血圧の症状を紹介するので、自分に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

低血圧とは

WHOの基準によると、
 
 
通常の血圧
 
収縮期血圧最高血圧)120〜140mmHg
拡張期血圧最低血圧)80〜90mmHg
 
 
であるのに対し、
 
 
低血圧の場合は
 
収縮期血圧100mmHg以下
拡張期血圧60mmHg以下
 
 
となっています。
 
 
ちなみに私の場合、
 
 
でした…。
 
 
それは体調も悪くなりますよね…。
 
 
また、単に血圧が低いだけで症状が見られないこともあるそうです。
そのため、治療に血圧の値の基準はなく、症状があるかどうかが治療基準となります。
 
 
あくまでも、重要度は
 
血圧<症状
 
ということですね。
 

低血圧の8つの症状

 

低血圧には主に8つの症状があります。 

  • 頭痛
  • めまい、貧血
  • 倦怠感、だるい、疲れやすい
  • 不眠、起床直後の不調
  • 動悸、息切れ、不整脈
  • 冷え、むくみ
  • 乗り物酔い
  • 食欲不振
 
 

f:id:hitomitea:20170710015116j:plain

 
 

これらの症状で原因がわからなかった方は、血圧を測定してみたら低血圧に当てはまっているかもしれません。

 

特にだるさや疲れやすさは、

「自分の意思が弱いからだ」

と思って自分を責めてしまいがちですが、実は低血圧のせいだったとも考えられます。

 

 

まとめ

・低血圧は収縮期血圧100mmHg以下、拡張期血圧60mmHg以下

・低血圧は体の様々な不調の原因になる

 

見逃しがちな体の不調やその原因となる低血圧。

この機会に、自分の体で気になる不調がないか振り返ってみてください。

また、以上の症状の中に当てはまるものがあれば、実際に血圧を測ってみることを強くお勧めします。

 

 

 

次回からは細かく

・低血圧の症状

・低血圧や低血圧の症状の改善方法

を紹介していきます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。